会社を作る 初めての方へ会社を作る流れお任せパックについてお申込みはこちら

会社設立までの流れ

まずは、会社設立の全体の流れをつかみましょう。

会社設立の方法は、「発起設立」と「募集設立」の2つがあります。

発起設立」とは、家族や友人等が出資金を出し合って会社の株式全部を引き受けて設立する方法です。 

募集設立」とは、広く一般の人達からも資金を集めて株式を引き受けてもらう設立方法です。

以下の設立の流れは、手続きが簡単な「発起設立」を前提にしております。

nagare2.png

 

ステップ1

会社概要            (基本事項)の決定

会社名、事業内容、資本金、本店所在地など、会社の基本的な事項を決定します。

@基本事項の決定

ステップ2 

会社の印鑑(実印)の作成

定款の作成

会社名が決まったら会社の実印を作成します。
ステップ1で決定した基本事項をもとに、「定款」という定型書式の文書を作成します。

ステップ3

定款の認証

作成した定款を、公証人役場で公証人にチェックしてもらい、認証を受けます。

B定款の認証

ステップ4

出資金(資本金)の払込

ステップ1で決定した「資本金」を代表者の個人名義の通帳へ振り込みます。

ステップ5

登記書類等の作成

登記申請書、添付書類や印鑑届等、会社の登記申請を行うための書類一式を作成します。

D登記書類の作成 

 

ステップ6

登記申請

ステップ5で作成した書類一式を持って管轄の法務局へ行き、会社設立の登記申請をします。

E登記申請 

ステップ7

謄本・印鑑証明書の交付申請

登記が完了したら、法務局で登記事項証明書と印鑑証明書を取得します。 

ステップ8

法人銀行口座の開設

最寄りの銀行等で法人の預金口座を開設します。

F会社設立後の手続き 

ステップ9  

   

設立後の届出

税務署、都道府県税事務所や市区町村に法人設立等の届出を行います。

F会社設立後の手続き