会社を作る 初めての方へ会社を作る流れお任せパックについてお申込みはこちら

会社の種類

会社の種類 

 

「会社」には、@合名会社、A合資会社、B合同会社、C株式会社の4つの種類がありあます。

それぞれ以下に述べるような特徴があります。

 

これらの「会社」は「内部規律が民法上の組合的であるかどうか」と「出資者の責任が有限責任か無限責任か」の観点から分類することができます。

 

その中でも中心になるのは非組合的で出資者の責任が有限責任の「株式会社」です。

株式会社を除く3つの会社を「持分会社」といい、持分会社には出資者の個性を重視した組合的な規律が適用されます。そのため会社の重要な決定は出資者全員の一致で決定され、各出資者が会社の業務執行にあたることが原則です。

 

持分会社:会社法において創設された新しい用語で、合名会社、合資会社、合同会社の総称をいいます。

それに対して「株式会社」は、出資者(株主)の個性は重視されず、会社の重要な決定は株主総会で行われます。また、業務執行も株主総会で選任された取締役によってなされます。

 

出資者:株式会社では会社に出資した者を株主というが、持分会社では社員と呼ばれる。従業員としての社員とは意味が違う。

 

@合名会社とA合資会社の出資者の一部は無限責任、B合同会社とC株式会社の出資者は有限責任です。

 

 ●無限責任とは出資者が会社の債権者に対し、自己の出資した金銭以上に責任を負うことをいいます。そのため会社が倒産した場合、会社の財産で債務を整理し、それでも足りなければ出資者の財産をもって対応しなければなりません。

 

●有限責任とは出資者が会社の債権者に対して、自己の出資した金銭の範囲で責任を負えばよく、それ以上の責任を負うことはありません。

 

会社の種類と特徴

ポイント 株式会社 持分会社
合同会社 合資会社 合名会社
会社の構成員 株主 社員 社員 社員
出資者の責任の範囲 有限責任 有限責任 無限責任と有限責任 無限責任
出資者の数 1名以上 1名以上 無限責任社員1名以上
有限責任社員1名以上
1名以上
最高意思決定
機関
株主総会 全社員の同意 全社員の同意 全社員の同意
業務執行者 取締役 各社員 各社員 各社員
会社の代表者 代表取締役
(各取締役)
業務を執行する社員 業務を執行する社員 業務を執行する社員
出資持分の
譲渡
原則:譲渡自由
例外:定款による制限
全社員の同意 原則:全社員の同意
例外:業務を執行しない有限社員について、業務を執行する全社員の同意
全社員の同意
最低資本金 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし
出資の目的物 金銭ほかその他の財産 金銭ほかその他の財産 無限責任社員:金銭、その他の財産、信用、労務
有限責任社員:金銭、その他の財産
金銭ほかその他の財産、信用、労務
 

 新会社法では、アメリカのLLCLimited Liability Company)を参考に、有限社員のみで構成され、組織の広範な内部自治が可能な「合同会社」という新たな会社類型が設けられました。

合同会社の特徴として

1.法人格を有する会社である。

2.合名会社や合資会社と違い出資者はすべて有限責任で、出資額の範囲までしか責任を負いません。

3.利益配分や意思決定、業務執行などが出資額の割合に左右されません。

4.取締役会や監査役などの機関を設置する必要がありません。

5.各社員が原則として業務執行権限を持ちますが、定款で業務執行社員を一部に限定することもできます。