会社を作る 初めての方へ会社を作る流れお任せパックについてお申込みはこちら

出資金(資本金)の払込

出資金(資本金)の払込

出資金(資本金)の払込をする。
定款の認証が終わったら、出資金を金融機関に払い込みます。
払い込むのは発起人が定めた特定の金融機関(銀行等)の発起人個人名義の口座で、1つの口座に各発起人が振込をして、通帳に振込人である各発起人の名前が記載されるようにします。
出資金を振り込む発起人名義の金融機関の口座は、新しい口座でなくてもかまいませんが、新しい口座を開設することをお勧めします。

会社法の施行前は、振り込みをすると、金融機関から払込があった旨の証明書(株式払込金保管証明書)の発行を受け、登記申請書に添付していました。しかし、銀行は継続的な取引実績のない人からの証明書発行の依頼に応じるのは消極的で、証明書の発行をしてくれる銀行を探すのが大変ということがありました。
新会社法においては、発起設立の場合、「振込がされた口座の通帳の写しまたは銀行の取引明細書に会社代表者の証明書を添付する」という方法をとれるようになり簡略化されました。
ただし、募集設立では、従来通り銀行の保管証明書が必要です。

出資金を払い込んだら、出資金の払い込みを受けたことを証明する旨を記載した書面(以下、「払込証明書」)を作成し、それに預金通帳のコピーや銀行の発行する取引明細書など、金融機関に出資金が払い込まれたことを確認できる書類を用意します。なお、通帳のコピーを添付する場合は、通常、預金通帳の背表紙(金融機関名、店名、口座番号、口座名義人が記載されているところ)も合わせて添付することになります。
これらの書類は、会社の設立の登記をする際に必要です。
払込証明書には、払い込みを受けた金額の総額、払い込みがあった株式数、1株の払込金額を記載します。
そして、会社の本店の住所、商号、代表者の肩書(設立時代表取締役など)と氏名を記載し、会社代表印(法人の実印)を押印します。
また、上記の預金通帳のコピーは、出資金の入金があった事実の確認をするために必要なものですから、単に残高が出資金を上回っている状態であれば良いわけではありません。出資金について実際に入金された記録が必要になりますので注意しましょう。