会社を作る 初めての方へ会社を作る流れお任せパックについてお申込みはこちら

早く会社をつくるコツ

 

「できるだけ早く会社を設立したい」と思うなら、次のことに気をつけてください。

 

1.資本金の出資者である発起人の数をなるべく少なくする。

  発起人は1人でも良いので、自分だけを発起人にすれば、定款の内容を一人で決めることができ、出資金の払込みに手間取ることもありません。

 

2.出資は現物出資を避けて現金のみとする。 

  現物出資は、評価に手間取り、時間がかかる場合があります。

 

3.取締役を自分1人のみとする。

  自分1人が取締役であれば、個人の印鑑証明書の取得や書類への押印に手間取ることはありません。役員を増員したければ、会社設立後に取締役、監査役等を選任することもできます。(ただし、登記の変更が必要になります。)

 

4.定款で定めることができることは定款で定めておく。

  原始定款で定めたれる事項については、最初に定めておくことで、作成する書類の数も少なくなります。具体的な発行株式数や出資額、及び、会社が発行することができる株式の総数等。また、設立当初の取締役や監査役も定款で定めておくと良いでしょう。